記事を編集する場合に使用を控えたい文字について

記事を書く際に注意したい事項を記述します。ホームページはさまざまな環境下で閲覧されますので、特殊な文字(フォント)は使用しません。

機種依存文字(※)は使用しないようにします

異なる環境で見た場合、文字化けをしたり、表示されない場合があるため使用しないようにします。
(半角カタカナ、ローマ数字、○数字など)
(※)機種依存文字:特定の環境でしか表示することのできない文字

単語の間にスペース(空白)を入れたり、単語の途中で改行したりしないようにします。

音声ブラウザが正しく読み上げず、意味がわかりにくくなるので、単語の間にスペースを入れたり改行したりしないようにします。

リンクの部分だけでリンク先のページが分かるようにします

「ここ」、「こちら」、「クリック」などの単語にリンクを指定した場合は、リンク先のページの内容が把握できません。どのような内容のページにリンクしているかがわかる単語(文章)を使います。
(例)歯周病についてはこちらへ>> この文字全体にリンク設定します。

点滅やスクロール文字列、アニメーションはなるべく使わないようにします

点滅やスクロール文字列、アニメーションを使うと、読みにくい場合があるのでなるべく使わないようにします。これら2つはブラウザによっては表示されず、目に負担をかけるのでなるべく使わないようにします。

イメージマップ(画像に複数のリンクを設定すること)は極力使わないようにします

音声ブラウザを使用している方々にとっては、リンクをたどるのが困難になるため、極力使わないようにします。

▲TOPへ

▲基本の編集のTOPへ