Office 2007でPDFファイルを出力する

Office 2007には、PDF出力のためのアドインがマイクロソフトから無償で提供されております。これをインストールすると、Office 2007アプリケーションからPDFを直接出力・保存できます。プリンタ・ドライバ形式のPDF生成ツールと比較すると、簡単な操作でPDFファイルが作成できるますし、生成されるPDFファイルのサイズもいくらか小さくコンパクトになります。(プリンタの描画命令をPDFの命令列に変換するオーバーヘッドなどがなくなり、最適化されるため)

Office 2007のうち、サポートされるのは以下のアプリケーションのみです。また、PDFファイルの編集(分割や結合など)の機能は用意されていないので、必要ならば専用のPDF生成/編集ツールを導入してください。

Office 2007アプリケーション

 Office Access 2007
 Office Excel 2007
 Office InfoPath 2007
 Office OneNote 2007
 Office PowerPoint 2007
 Office Publisher 2007
 Office Visio 2007
 Office Word 2007

PDF出力アドインのダウンロードとインストール

 Office 2007用のPDF出力アドインは、以下のページからダウンロードできます。

2007 Microsoft Office プログラム用 Microsoft PDF 保存アドイン


PDF出力アドインの利用方法

アドインをインストールすると、Office 2007アプリケーションのメニューに、「PDFとして保存」や「PDF または XPS 形式で発行」などといった項目が追加される(アプリケーションによってメニューの名称などは異なります)。
例えばOffice Word 2007では下記のようなメニュー項目が追加されます。

Office 2007でPDFファイルを出力する

Office Word 2007におけるPDF保存メニュー
これはPDF/XPS保存アドインをインストール後のOffice Word 2007のメニュー構成。[名前を付けて保存]−[PDFまたは XPS]という項目が追加されている。

▲TOPへ

▲ブログ編集Q&Aへ