パソコンで扱うデータの単位

パソコンで扱うデータは「0」か「1」の2進法で表されています。1桁は「ビット(bit)」という最小単位で、1ビットが8ビットになったとき、8ビット=1バイト(Byte)という単位になります。

2の10乗の1024バイトになると1キロバイト(1KB)になり、1024キロバイトになると1メガバイト(1MB)という単位に繰り上がります。そのほかの単位の繰り上がりは次のようになっています。

パソコンで扱う最小単位= 1Bit(1ビット)

1b(ビット)
1B(バイト)=8b
1KB(キロバイト)=1024B
1MB(メガバイト)=1024KB
1GB(ギガバイト)=1024MB
1TB(テラバイト)=1024GB

テラバイトより上の単位もあります。

1PB(ペタバイト)=1024TB
1EB(エクサバイト)=1024PB
1ZB(ゼタバイト)=1024EB
1YB(ヨタバイト)=1024ZB

最低限「KB」「MB」「GB」の3つは覚えておくと便利です。
例えばデータの大きさを見る上で必要ですし、パソコンの購入やUSBなどの記録メディアを購入する際に役立つかと思います。とりあえず始めのうちは次のように覚えておくとよいでしょう

KB

またひらがなや漢字は2byte(2バイト)、半角英数字は1byte(1バイト)です。つまり半角英数字が2個分でひらがな(または漢字)1個分に値します。

▲TOPへ

▲ブログ編集Q&Aへ