HTMLメールとテキストメール

メールの出し方について

メールソフトはたくさんありますが、メールを出す相手のメールソフトがHTML形式に対応しているかわからない場合は、テキスト形式のメールで送ります。メールソフトの設定はそのソフトで設定場所が違いますので、それぞれご自分で確認してください。

テキスト形式のメール

「テキスト形式のメール」とは、通常のメールのことで「テキスト」だけで作成されています。「テキスト」とは、「文字コード」だけを使って作った文章のことです。
コンピュータの内部で使用される文字には、各国の規格で決められた「識別番号」が付いています。この識別番号を、「文字コード」と呼び、「文字コード」だけを使って作った文章のことを「テキスト」と呼んでいます。
「テキスト形式」でメールを作成すれば、受信者の環境によらず、読むことができます。受信者がどのようなメールソフトを使っているかわからないときは、「テキスト形式」で送るようにしましょう。

HTML形式のメール

「HTML形式のメール」とは、文字だけを記録する「テキスト型式」に機能を付加して、文字の色や大きさ、文字修飾、簡単な図表などを記録できるようにした型式のメールです。
「HTML形式」では、色や画像を使用できるので、Webページのようなメールを作ることも可能です。ただし、「HTML形式」で作成されたメールを読むには、この形式に対応したメールソフトが必要です。
「HTML形式」のメールに対応していないメールソフトで「HTML形式」のメールを受信した場合には判読不可能となります。
「HTML形式」のメールは受信者のソフトが対応していることを確認してから送るようにしましょう。

▲TOPへ

▲ブログ編集Q&Aへ